LINEで送る

葉酸サプリ どれがいいの?何を買えばいいのかわからない!と言う人多いです。

葉酸サプリ

 

葉酸サプリは、巷にありすぎてどれがいいのか何を買っていいのかわからない?なんて言う人が多いです。

葉酸は、これだけ覚えていれば大丈夫!なんで葉酸を摂取するの?

胎児には、葉酸が大事!

受胎前後の十分量の摂取により、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害のリスクが低減できるからです。

 

葉酸の種類は?

  • 食事性葉酸(ほうれん草やレバーなど食べ物に含まれる葉酸)=ポリグルタミン酸型
  • 化学的に作られた葉酸=モノグルタミン酸型

葉酸を摂取する期間は?

妊娠の1 カ月以上前から妊娠3カ月までの期間と妊娠4ヶ月以降授乳期間までです。葉酸の摂取量は、妊娠3ヶ月までは多く、その後は、少なくて良いのです。妊※活期間が長いとその分、葉酸摂取期間が長くなります。

 

葉酸は、どのくらい摂取すればいいの?

妊娠の1 カ月以上前から妊娠3カ月まで

妊婦 240(μg/日)※毎日の食事で摂取する葉酸の量
妊娠を計画している女性・妊娠の可能性のある女性(付加量)+400(μg/日)

 

合計 640(μg/日)

 

妊娠の3カ月以降

妊娠中240(μg/日)※毎日の食事で摂取する葉酸の量
妊婦の付加量の240μg(μg/日)

 

合計480μg(μg/日)

 

食事で+400(μg/日)摂取してはダメなの?

 

食事性葉酸(食べ物に含まれる葉酸)ポリグルタミン酸型と化学的に作られた葉酸(モノグルタミン酸型)では吸収率が違うからです。
食事性葉酸は、化学的に作られた葉酸の半分しか吸収されないのです。

 

食事性葉酸(食べ物に含まれる葉酸)ポリグルタミン酸型で葉酸を摂取しようとすると、400(μg/日)では足りないので800(μg/日)摂取しないとならないのです。その量、毎日ほうれん草2.5kg以上食べなければいけないのです。

 

そんなに、ほうれん草食べられない!ポパイじゃあるまいし・・。

 

葉酸サプリ

 

という事で厚生労働省は、妊娠を計画している女性・妊娠の可能性のある女性(付加量)+400は、化学的に作られた葉酸(モノグルタミン酸型)を推奨しているんです。

 

厚生労働省によると

厚生労働省では、葉酸を妊娠前後に摂取するよう指導してます。でも、その葉酸は、※モノグルタミン酸で良い。※合成の葉酸の事という事を言っています。
なんで、合成成分?と思うのですが、ちゃんと検証しているし。吸収率が違います。合成の葉酸の方が体に吸収されるのです。食べ物で取ると、ほうれん草毎日2.5kgですしね。そんな事、現実的じゃないです。厚生労働省の言う事もわかります。

 

天然素材じゃないと嫌だ!と言う人は、無農薬のほうれん草をしこたま食べるしかない!

 

という人もいるかもしれませんが、ほうれん草にはビタミンAが豊富に含まれています。
妊娠している人は、ビタミンAの摂り過ぎに注意!とお医者さんから言われたことがあります。

 

農林水産省によると

サプリメントを使うなどしてビタミンAを多量にとりすぎると、次のような症状がでることが報告されています。急性の中毒症状 腹痛、悪心、おう吐、めまいなどが出現した後に全身の皮膚が薄くはがれる慢性の中毒症状。全身の関節や骨の痛み、皮膚乾燥、脱毛、食欲不振、体重減少、頭痛、奇形を起こす可能性(胎児に悪い影響が出るおそれ)、骨密度の減少、骨粗しょう症など

 

食品安全委員会によるビタミンA(レチノール)の危険な摂取量

催奇形性 3,000μgRE/日を超える摂取。と言う事が書いてあります。
要するにビタミンA(レチノール)を3,000μgRE/日摂ると胎児に奇形を起こす可能性がある。ということです。

 

という事は、うかつにほうれん草など大量に食べてはいけないということなのだぁ。
厚生労働省が合成サプリをすすめる理由がわかりますねぇ。

 

ちなみに妊娠したら食べたほうが良さそうな食材のビタミンAの量
  • ほうれん草(ゆで)   450μgRE/100g
  • 鶏肉(レバー)     14,000μgRE/100g
  • 豚肉(レバー)     13,000μgRE/100g

レバーは、鉄分豊富で良さそうなのですけどね。レバー好きなんですけど・・。

 

妊娠したら焼肉屋さんには行ってはいけない!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 


とは言っても、合成成分ばかりのサプリは、いかがなものか・・。

この前、アマゾンで評判の良い。葉酸サプリを探していたら、マタニティメーカーの葉酸サプリが一番人気でした。

 

1ヶ月分で1000円もしないのでかなり格安!後で見たら500円のサプリもありました。
しかし、かなり安〜!これから、子供を産むのに大丈夫かぁ?

そのサプリの内容

内容量:24g(400mg×60粒)※1日の目安:2粒
価格:500円から1000円くらい。

原材料名
  1. マルチトール(人工甘味料)
  2. 貝カルシウム
  3. ピロリン酸鉄
  4. セルロース
  5. ステアリン酸カルシウム
  6. ナイアシン
  7. パントテン酸カルシウム
  8. ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1
  9. 葉酸
  10. ビタミンD

そして、栄養はどのくらいの量入っているの?

栄養成分表示(2粒あたり)
  • 葉酸:400μg
  • 鉄:10mg(ピロリン酸鉄)非ヘム鉄
  • カルシウム:160mg
  • ビタミンB1:1.3mg
  • ビタミンB2:1.5mg
  • ビタミンB6:1.4mg
  • ビタミンB12:2.8μg
  • ナイアシン:11mg
  • パントテン酸:5mg
  • ビタミンD:1.8μg

 

この2つは、サプリの裏に書いてあります。私はまず、この2つを確認します。

原材料名を見る!

原材料名を見てみましょう。栄養の量も大事ですが、原材料名、これが一番大事です。
原材料名の順番の順番を見ると・・。
マルチトール(人工甘味料)が一番初めに書いてあります。あんまり良くないですでね。
なんでかと言うと!

原材料名は、成分量が多い順に書いてあるのです。

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS 法)」の「加工食品に関する品質表示基準」では、原則として原材料の多い順に表示することが義務付けられているのです。

 

マルチトール(人工甘味料)は添加物です。このサプリは、添加物が一番多いサプリ。ということになります。
マルチトール自体は、特に問題のない添加物です。ガムなどにも頻繁に使われていますからね。トクホ商品にも使われています。甘くして飲みやすくしているのでしょうけど、サプリなんて味わって食べるものでもないし、私なんか飲み込むだけです。いらないんじゃないのぉ。こんな添加物は、必要ないと思います。

 

添加物について

遺伝子組み換え作物が使われている?添加物の原料は、ほとんどが輸入です。アメリカが多いですね。アメリカでは、遺伝子が操作されて人間の都合の良い作物が作られています。
例えば、虫がその野菜を食べると死んでしまう。そんな作物です。

 

そんな、遺伝子を操作された作物は、輸入の時点で除外されます。しかし、なんだかわからない作物もあります。作物ならいいのですが、加工品で輸入された場合は?もう、わからないと思います。

原材料名にピロリン酸鉄がありますが、これは非ヘム鉄です。

ヘム鉄の吸収率

食べ物単品 吸収率は10〜20%

 

非ヘム鉄の吸収率

食べ物単品 吸収率は1〜6%
ヘム鉄は、非ヘム鉄の5倍から10倍吸収しまから。

 

あんまり良いサプリとは、思いませんね。
有名なマタニティメーカーが販売しているのですが、サプリメーカーではないですし、メーカー名と安さで売れていると思います。

 

葉酸サプリ

 

しかし、全部、合成成分・添加物のサプリが1番とは・・。
私は、大事な時期なので、安心したサプリをお使いたいと思います。

 

ちゃんとした製品=価格が高くなる。

 

そこそこの価格のサプリをおすすめします。1ヶ月3000円はしないと良い製品なんて作れません。ましては、安売りで500円のサプリなんか、お金を出して添加物飲んでるようなものです。

天然成分と合成成分

サプリに含まれる成分には、天然成分と合成成分があります。
全部天然成分で作るとかなりコストがかかります。要するに高くなるのです。

原材料名と成分名(ここで言う栄養成分表示)が同じ?どういう事?
例)葉酸

原材料名に葉酸、栄養成分表示にも葉酸、と書かれています。
普通、原材料名は、レバーとか豚の肝臓が書かれています。
そして、栄養成分表示に葉酸。

例)天然成分ビタミンC

原材料名:アセロラ
栄養成分表示:ビタミンC

例)合成成分ビタミンC

原材料名:ビタミンC
栄養成分表示:ビタミンC

 

原材料名と栄養成分表示が同じなら、その成分は、合成成分ということになります。

 

妊娠時に必要なのは葉酸だけではない!

葉酸サプリには、葉酸だけではなく他の妊娠時に必要な成分も含まれています。
今時、葉酸だけのサプリなんて見たことないですしね。

 

妊娠時に必要の栄養

  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • カルシウム

 

妊娠時に足りなくなる成分です。

ビタミンB6

つわり防止になります。

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸の吸収や働きを助ける。造血作用がある。

ビタミンC

鉄と一緒に摂ることで増血効果がある。

カルシウム

妊娠時は、カルシウムは不足します。

 

どうせ飲むなら葉酸以外に、このくらいの成分は、入っていないとダメですね。
葉酸は、仕方ないとしても他の成分まで合成成分と添加物を毎日摂取する事はないです。

 

良い葉酸サプリとは!

葉酸だけではなく、他の成分も含めて効果的で安全なサプリの事です。
私は、大事な時期なので、ちゃんとした葉酸サプリを使いますよ。お金に糸目は付けない!と言っても毎月3000円くらいなものでしょ。

 

という事で、良い葉酸サプリを調べる事にしました。